ゆっくりムービーメーカーの音ズレ、画面切れ対策のまとめ

2019年7月2日

 

症状1 ゆっくりムービーメーカー(以下YMM)では音ズレが無いのにAviutlでの編集時点で音がズレている。
原因 元の動画、YMM、Aviutl のフレームレートがバラバラである。

 

手順
元の動画のフレームレートの調べ方 エクスプローラー(動画ファイルのある場所)で右クリック > プロパティ > 詳細タブ の中にビデオの区切りの中にフレーム率があり、その数値です。※可変レートの動画は除きます。

YMMでの操作
表示 > タイムラインを表示 でタイムラインを表示、タイムラインのツールバーの中の【プロファイル】をクリック、FPSの数値を設定する。(明確な理由が無い場合は元の動画と同じ数値がオススメです。

AviUtlでの操作
設定 > 拡張編集 をクリックしてタイムラインを表示させる。
タイムライン上で 右クリック > 新規プロジェクトの作成 > フレームレートを入力 > OK > YMMで作ったファイル(exo)をドラッグ&ドロップ
次に 設定 > フレームレートの変更 > 無し に設定する

 

 

症状2 ゆっくりムービーメーカー(以下YMM)では音ズレが無いのにAviutlでの編集時点で音がズレている(その2)
上記でも解決しない場合です。

AviUtlを起動して ファイル > 環境設定 > 入力プラグイン設定 > L-SMASH Works File Readerの設定をクリック。

VFR >CFR の左のチェックボックスにチェックを入れる。 その右にある60000(60フレームの場合)/1000であることを確認する。違っていたら数値を入力する。
(私の場合ここが1001でした)
AviUtlを再起動して再びファイルを読み込ます。

 

 

症状3 YMMでは正常だがAviUtlで画像がズレている。
原因 YMMとAviUtlの解像度が違うためにおこる
手順 YMMで表示 > タイムライン をクリックしてタイムラインを表示、タイムラインのツールバーの中 プロファイル をクリックして解像度を指定する。
AviUtlで 設定 >拡張設定 でタイムラインを表示する。 タイムライン上で右クリック > 新規プロジェクトの作成 > 画像サイズを入力する(数値は先ほどYMMで指定した数値) > ファイルを読み込ます

症状4 YMMでは正常だがAviutl上では画像が一部切れている。
原因 Aviutlの初期設定の制限のため(YMMで取り扱う画像は意外とサイズが大きい)
手順 Aviutlで ファイル > 環境設定 > システムの設定 > 最大画像サイズの入力(大きすぎるとエラーを起こすので様子をみるなら2倍に変更するのが良いと思います)