【神姫プロジェクト】火属性SSR神姫・[清風の令嬢]セレネーの性能と使ってみた感想

今回は神プロの風属性SSR、[清風の令嬢]セレネーの性能と個人的な評価、使ってみた感想などを記事にしました。
※この記事はLv80の状態での紹介になります。

 

基本ステータス

HPは1200とかなり低め、攻撃力はトリッキーとしては高めの9500となっています。
HPは低いですがアビリティ、アシストアビリティ(後述)の効果で生存性は高いです。

 

 

バースト&アビリティ性能

バースト追加性能
プル・ア・レッグ(アビ2)の再使用間隔ー2ターン
枯渇(アビリティの再使用間隔が進まない状態)では無効になるので注意。

 

アビ1 ビウェッチステップ
再使用間隔6ターン
敵全体にダメージを与えつつ強化を1つ消去する。

使いやすいアビリティで再使用間隔も6ターンと良好です。
ダメージはオマケ程度です。

 


アビ2 プル・ア・レッグ
効果時間2ターン/再使用間隔7ターン
攻撃力ダウン50%をユーザー(自分のパーティー)専用のデバフを2ターン付与します。
バースト発動時に再使用間隔―2ターン。

 

既存の攻撃力ダウン、属性攻撃力ダウンとは別枠で効果を発揮します。
効果も2ターン持続するので使い勝手はとても良いです。

 

反面再使用間隔が7ターンと長めなのでバーストの発動タイミングは調整する必要がでてきます。
命中率は極めて高く、外れることはほぼありません(例外があるかもしれません)。

 


アビ3 ファントムマスカレード
自分に3枚の変装用のお面を仕込みます。
後述のアシストアビリティのトリガーです。

この面は敵からのダメージを受けるたびに1枚づつ無くなります。
※腐敗、過熱によるダメージでは剥がれません。


アシストアビリティ1 パーフェクトディスガイス
変装時に攻撃の対象にならない
変装の面数に応じて特殊攻撃・連続攻撃・回避率UP

変装時に攻撃の対象にならないので結果的に面が保持しやすくなっています。
ただ他の神姫が狙われやすくなるという欠点も含んでいます。

連続攻撃アップはアクセのティアラ3つと合わせるとほぼ連続攻撃になります。
特殊攻撃アップもアタッカーには及びませんが高めのダメージが出すことが可能です。

回避率アップに関してはあまり期待はできない感じです。

 

オススメのアクセサリー

特にコレ!といったアクセサリーはありません。
基本となるティアラシリーズ3つに可能であれば回避率アップ、HPアップ、防御力アップなどがオススメです。

ちなみに悪魔シリーズの熱狂ダメージでは面は剥がれません。

 

解放ウェポン

 

最大ステータス(最終限界突破)
HP/攻撃力
207/2829

スキル構成
風キャラクターの連続攻撃確率アップ
風キャラクターの攻撃力アップ(中)

追加効果
自分(英霊)の回避率アップ
※詳細は不明です。

 

解説
スキル構成が微妙なため現在は評価が低い武器になっています。

使用感&運用方法

特徴
個人の攻撃性能は普通程度でアビリティは攻撃力ダウンと敵バフ消しと防御よりのキャラクターです。
実装当時はヒュペリオン専用かと思われていましたが守護雷天フル+にも有効です。

 

欠点
少しですがアシストアビリティの自分は狙われない=ランダムターゲットが他の神姫に集中しやすい欠点があります。
あとは与ダメージにはあまり貢献できない事でしょうか?

 

アビオート適正
普通です。
本来の性能の60%ぐらいは出ると思います。

 

おじパ適性
バフ、バフ消しともに属性に縛られないので高いです。

その他相性の良い英霊・神姫
S英霊メディアや[翠蛇の弓導者]アトゥムの再使用間隔を短縮するアビリティと特に相性が良いと思います。

相性の良い敵
守護天フル+でも安定してデバフは入ります!

 

総合評価

所持する神姫、闘う敵により今でもスタメンの可能性があるメンバーです。
ですが絶対必要だ!というシーンは限られます。

SD&ボイス

通常/瀕死/バースト待機

ピンチの時でもほとんど変化が無く、演技をし続ける決意の表れを感じます。

 

バーストSD

クルクルと踊りながら暴風とともにバックスッテポォ!します。
動きは地味ですが細かいSDの動き、表情は良いものになっています!

声について
令嬢を演技しているので感情の起伏はほぼ無いです。
声のイメージも令嬢=お嬢様そのものだと言えるでしょう!!

 

まとめ

[清風の令嬢]セレネーは敵のバフ解除、攻撃ダウンのデバフを付ける神姫!
エースとは言えないけど敵によっては大活躍!!

 

 

そんな事はどうでも良い!これが全てだ!!

 


以上でこの記事は終わりです。
最後までお付き合いくださりありがとうございました!

よかったらこちらの記事もご覧ください。