Windows10の付属ソフトペイント3Dで最も簡単なターンテーブル動画を作る

2019年4月4日

Windows10の付属ソフト、ペイント3Dを使用したターンテーブル動画の作成方法です。

下の動画の完成までの工程を記事にしています。

ペイント3Dによるターンテーブル

3Dモデルデータは各自で用意して下さい。



STEP1 ペイント3Dを起動する

1-1パソコンが立ち上がったら左下のWindowsアイコン(田)を左クリック

1-2インストールされているプログラムが出てくるので下の方へスクロールする。

A~Z、次に50音順で出てくるので ペイント3Dを左クリック

これで3Dペイントが立ち上がりました。

STEP2 3Dモデルデータを読み込む

2-1ようこそ の案内が出たら新規作成を左クリック(出なかったらこの工程は無視)

2-2下の画像左上のメニューのアイコンを左クリック

メニューを左クリック
メニューを左クリック

2-3ファイルの参照をクリック

ファイルを参照をクリック
ファイルを参照をクリック

2-4モデルデータを指定する。各自で用意したファイルを指定して下さい。

.stl、.objファイルなどが読み込めます。

2-5 テクスチャファイルのインポート

下の画像が出てきますので

テクスチャの指定
テクスチャ

テクスチャファイルがあるなら[インポート]をクリックしてファイルを指定、

テクスチャファイルが無ければ[スキップ]を押します。読み込み完了を待ちます。

読み込みに時間がかかるのでゆっくり待ちましょう。

読み込み完了
読み込み完了

上のモデルはzbrushcoreで作成した2万頂点、テクスチャ無しですが読み込みに1分近くかかりました。

STEP3 動作を指定して保存する

3-1 再び左上の[メニュー]を左クリック

メニューを選択
メニューを選択

続けて[名前を付けて保存]を左クリック

名前を付けて保存をクリック
名前を付けて保存をクリック

[ビデオ]を左クリック

ビデオを左クリック
ビデオを左クリック

下の画像になります(モデルは回転しています)。

下の画像の赤丸1の場所、アニメーションの下のターンテーブルが選択されている(青くなっている)かチェックする。

なっていなかったらターンテーブルを左クリックします。

次に下の画像赤丸2の[保存]をクリックします。

ファイル名と保存場所を指定して[保存]をクリックして完成です。

あとがき

ファイルの形式はMP4でしか出来ないようです。

今回の動画は約15秒でファイルのサイズは1.07MB、保存にかかった時間は30秒ほどでした。

以上です。最後までお付き合い下さりありがとうございました。